上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆休み。5歳の甥っ子を直売所デビューさせました。いつもはママとスーパーにお買い物に行っている甥っ子。
直売所まではちょっとした散歩になりました。
バス通りから1本向こうに入ると、畑と山が広がります。
畑にはトマトやキュウリ、ナス、カボチャ、トウモロコシなどたくさん実っています。
畑のカボチャ

『お腹すいた~』
『まだ~?』
『もう帰る~!』などと言いながら、
最近の天候不良で、曲がったキュウリが畑に実っているのを見つけて、
『くねってなってる~~』
と嬉しそうに、自分の体を右に傾けて、キュウリの形を表現して笑ったり、
作物当てゲーム?でトウモロコシを指さして、
「あれは何?」と聞くと
『あれは…ゴハン』
と言ったり遊びながら、一緒に手をつないで30分ほど歩いていきました。

やっと直売所に着くと、
家を出る前に渡した500円玉を1つ。大切そうに小さな右手に握りしめて、何を買おうか考えている様子。

まず、トマト。
『大きいものがいい!』
と掌よりも大きなトマトを選びました。おつりがきたので、
「まだ買えるよ。」と伝えると、今度はキュウリを指さして
『キュウリはママにあげる。』
これで500円。

しかし、ここで彼は宝物を見つけました。
白いタマネギです。
タマネギ

ふと目にした奥の方においてある
1袋の皮を剥いてある玉ネギを指さして、
『白いの』
と一声。
指さしたのは、皮の剥いてある玉ねぎ。
「白いのがいいの?赤い玉ねぎもあるよ」
と私も、農家さんもカナリ不思議で、尋ねてみると、
『白いタマネギがいい!』
と元気いっぱいに嬉しそう。
「ほんとに皮の剥いてある白い玉ねぎでいいの?」
ちょっとしつこかったかな?
『それがいいの。』
あまりに嬉しそうに言うので、笑いながら皮の剥いてある玉ねぎを買って帰ることになりました。

帰り道、
「ねぇ、どうして皮の剥いてある白い玉ねぎを買ったの?」
と聞くと、
『だってね、ママが大変なんだもん。』
「ママが大変なの?」
『うん、ママが玉ねぎの皮むき大変で、ボクがお手伝いするの。』
「お手伝いが大変なの?」
『うん、ボク、玉ねぎの皮むきイヤ。』

納得しました。
どうりであんなに嬉しそうな顔で白い玉ねぎを選んだのか!

彼流の玉ねぎ選びの基本。

玉ねぎは皮が剥いてあって、白い方がいい。

説得力のある理由でした。
また、白い玉ねぎを一緒に買いに行こうねぇ。

ちなみに、
大人の玉ねぎの選び方は…
茎が生えていた部分が細いものを選びます。茎の所をつまんでみて、ブカブカなものは避けます。
形が均等に丸くなっていて、玉ねぎの皮のスジが均等に細かく入っているもの。


甥っ子直売所デビューのお店
【安井農園さん】
安井農園さん 7月

【価格】100円~350円
【品目】ナス、水ナス、トマト、黒豆の枝豆、レッドオニオン、キュウリ、万願寺、伏見トウガラシ、うまい豆など。
【場所】
・阪急桂駅から
2階の改札を出て左、西口から出ます。高架を渡り、左の階段を下りるとバスターミナルです。
市バス:西2、西4、特西3、33番に乗って約15分『洛西高校前』下車。
洛西高校前の交差点を西へ(洛西高校と団地の間の道)進むと、正面左手にテニスコートが見えます。そこを右折して県道10号線に入って直進すると柿街道です。
・国道9号線からお車で
『沓掛』の交差点を南へ。県道10号線に入って直進すると柿街道です。
駐車場完備されています。
【営業時間】9:00~20:00くらいまで
★★★土日・お盆も開いてます ★★★


柿街道MAP

テーマ : 京都からこんにちは! - ジャンル : 地域情報

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。